レギュラーコーヒーの定義や販売・扱いの特徴について

バナー

レギュラーコーヒーの定義や販売・扱いの特徴について

レギュラーコーヒーは、コーヒー豆を焙煎して挽いた粉上のモノの事を言います。

これを使って実際に淹れたコーヒーもレギュラーコーヒーと呼ばれますが、小売で通常販売されるものについては豆の粉を指しています。

Yahoo!ニュース選びをお手伝いします。

従って家庭等で飲用する場合には、抽出・濾過の為の道具が必須となり、この点でインスタントコーヒーとは対を為すものとも言えます。
特徴としては抽出に関する作業が消費者側に要求される為に、その分の価格転嫁が為されていない事から単位量当たりの豆・粉の量に換算すると比較的安価に入手出来るという点にあります。

コーヒー豆を専門的に取り扱う小売店では産地や味の傾向別に複数の豆を仕入れて店頭で焙煎しているようなケースも多く、独自のブレンドを依頼したりも出来る事からコーヒーに対して強い拘りを持っている人にも向いていると言えます。



また逆に、手軽にコーヒーを飲みたいというニーズにもレギュラーコーヒーは向く面があります。



最低限必要な抽出道具であれば100円均一といった安価で入手する事も可能で、比較的良く飲用する場合には価格メリットを充分に生かせる為です。

レギュラーコーヒーの弱点と言えるのは抽出後のフィルター・豆のカスがゴミになってしまう事、抽出に幾らか時間を見る必要があるといった点です。
ですがこの点は同時に淹れ立てならではの芳香をしっかりと嗅ぐ事が出来る、ゆったりした時間を過ごせるという点と表裏一体になっており、寧ろメリットに繋がるものとも考えられます。

Copyright (C) 2016 レギュラーコーヒーの定義や販売・扱いの特徴について All Rights Reserved.